【ダンディズム】クフィム湯治紀行
a0034140_11423911.jpgクフィムレベ上げにいってきました。構成は狩19戦19モ19シ19詩17白19。池いってミミズ探してぐーるぐる(@_@)は正直気持ち悪かったけど、けっこう稼げました。

そんな中、浴衣着てあろうことか投擲のスキル上げしてるガルさんがいるじゃない。ほんと【カエレ】僕こういう人結構好き。なんか彼見てると湯治に来た気分になった。ちょこっと癒されました。
このガルさん、後に、知らないところで骨川くんに刈られました;;死亡ログだけが・・・惜しいキャラをなくした。

ジャイアンと骨川くんはつらつら移動したらしく、僕らのそばをうろうろしてたのだけど、LSのモンクなマッスルマンが登場してボコってくれました。レイズももらったりしてサンクス。筋肉ってステキ。ぎゅーん!
そんな勇者ぶりを激写したSSはもちろん残念ながらないので、べドー箱隠蔽の現場写真を晒しておきます(鍵でなくて残念。こんどこそマッスルリベンジャーですね)。

そんなこんなで1時くらいから3時くらいまで狩り。いま職場で眠い
港で解散。ここの灯りの雰囲気、住んでる街のメインストリートに似ててすごく好きです(我が街バカ。

だけどサー、そこそこブーストしてスキルキャップもしてるのに、戦のときより狩のほうが弓が当たらない気がするのは気のせいですか?ねぇ気のせい?nexe…
[PR]
by wigtree | 2004-09-02 11:11 | FFXI
<< 山田耕作的ヨト紀行 雑魚ごぶりんの気持ち >>